メニエール病を改善しよう│様々な症状改善NAVI

女性

早期の治療が大切

看護師

脳梗塞は、よく知られている病気です。脳梗塞とは、なんらかの理由で、脳の血管につまりが起こり、血流が流れなくなることから脳組織が死んでしまうというものです。脳梗塞は、高血圧や動脈硬化などの症状がある人に起こりやすく、様々な前兆があることでも知られています。初期段階の症状では、一時的に症状が出てきて、時間が経過すると消えてしまうので、あまり気に留めないということもあります。しかし、症状が消えたからといっても油断は禁物です。脳梗塞の症状には、めまいや頭痛、足がもつれる、呂律が回らなくなる等様々なものがあります。また、半身にしびれを感じることが多く、特に顔に麻痺を感じることが多いです。脳梗塞は早期発見することで様々な治療を受けることができます。CTやMRIなどの機器で早期発見することが可能です。早めの治療で、塞栓を溶かしていくことが大切です。

脳梗塞の症状として、失語症を発症することがあります。相手の言っていることが、理解できないということや言葉が出ないということです。また、視神経にも異常が出てきます。片方の目が見えなくなることや、二重に見える、視野がとても狭くなるなど様々な症状があります。これらの症状は、一過性の発作と言われていますが、これをそのまま放置することで3ヶ月以内に脳梗塞を起こします。また、一度この症状が出てから48時間以内に脳梗塞で倒れたということも多いので、一刻も早く病院に行き、診断を受けることが大切です。