メニエール病を改善しよう│様々な症状改善NAVI

女性

リスクを減らす

悩み

脳梗塞は非常に恐ろしい病気です。命の危険を脱しても後遺症が残ることもあり、年齢に関係なく多くの人が発症します。脳梗塞は、いくつかの種類に分けていくことができます。まずは、血栓性と呼ばれるものです。血栓性の原因は、動脈硬化によるものです。動脈硬化で、脳の動脈が徐々に狭くなっていき、血栓ができるようになってしまいます。血管が詰まったことで脳梗塞が発症するというものです。また、突然重い症状として出てくるものが多いのが塞栓性と呼ばれるものです。塞栓性は、様々な場所で出来た血栓が血流によって脳に運ばれてきて、脳の血管が詰まり症状が起きることが原因です。特に心筋梗塞など心臓の周辺で何らかの血栓が出来て脳梗塞を起こした時に症状が起きます。死亡率も高く、症状が重いことから早期に対応を行なうことが必要になります。

脳梗塞の原因やリスクは様々な物があります。まず、脳梗塞の原因となりやすいものが高血圧や糖尿病です。高血圧や糖尿病を患っている人は、脳梗塞のリスクが高くなるので注意が必要です。また、喫煙の習慣が流人も脳梗塞のリスクが高くなります。他にも心臓に疾患を持っている、70歳以上の高齢であるなどで脳梗塞のリスクが上がります。食生活や血圧など、様々なことに気を使うことで脳梗塞の危険因子を減らすことが可能です。自分自身の生活を見直すことから、脳梗塞のリスクを下げていくことが可能です。運動や食生活の見直しを行なうことで、脳梗塞の予防の効果が高いです。