メニエール病を改善しよう│様々な症状改善NAVI

女性

めまいと吐き気に

医者

メニエール病は強いめまいや吐き気などが主な症状で、悪化することで難聴にもつながってきます。メニエール病の治療として主に薬物療法が行なわれます。薬物療法以外では、手術療法や栄養療法が行なわれます。

Read More...

早期の治療が大切

看護師

脳梗塞の症状は、様々な物があります。前兆としてめまいや頭痛、呂律が回らない、しびれる、麻痺するなどの症状があります。他にも言語能力が著しく低下することや、視界も狭くなるなど多くの症状があります。

Read More...

耳の病気

カウンセリング

メニエール病は、グルグルと周囲が回るような目まいを感じるという病気で、めまいだけでなく耳鳴りも同時に感じることが多い病気です。浮遊感や、吐き気を伴うことが多く、症状が進むと難聴になることもあります。メニエール病のめまいや、耳鳴りは突然なることが多いです。メニエール病に悩む人は、30歳台後半の人や、40代の前半という働き盛りの人に多いことが特徴で、女性にかかることが多い病気です。メニエール病には、様々な種類がります。まずは蝸牛型メニエール病と呼ばれるものです。この病気のとkつようは、低音の音が聞きにくい難聴になることが多いです。キーンと甲高い耳鳴りを感じることが多く、めまいの症状が少ないことから比較的軽症で気がつくにいことが多いです。しかし放っておくと難聴が進むこともあるので注意が必要です。

メニエール病の中でも、めまいがひどいのが前庭型メニエール病と呼ばれるものです。めまいをあまり感じていない時には、浮動性のめまいを感じることも多く、日常的に何度も軽い浮遊感を味わうことも多いです。なお、一般的なメニエール病は、難聴など片側だけが症状が現れることが多いです。しかし、両側にメニエールの症状がでることもあり、これは両側性メニエール病と診断されます。メニエール病にかかっている期間が長い人ほど、両側で併発するという事例に陥りやすいことが特徴です。また、高齢の人は両側性を発症する可能性が高くなります。また、めまい、難聴、耳鳴りという3つの症状が交互に現れるのがレルモワイエ症候群と呼ばれるものです。自律神経の乱れが起因していることが多く、耳鳴りの後にめまいという順番で症状が現れることも特徴です。

リスクを減らす

悩み

脳梗塞は様々な原因があります。主に血栓ができることで脳梗塞につながるのですが、糖尿病や高血圧などを抱えている人は脳梗塞のリスクが非常に高いです。食生活や生活習慣を見直すことでリスクを減らすことができます。

Read More...